従業員エンゲージメントを確実に向上させる手法|注意点も説明

ES(従業員満足度・エンゲージメント・ウェルビーイング)向上の秘策

「従業員エンゲージメント向上の秘策を教えてほしい」
先日、ある会社の社長さんと会って話していて、このようなことを言われました。

言うまでもなく、これは私の得意分野ですから、
「お任せください。御社が本気で従業員エンゲージメントを高めたいと思っていて、私が教えたことをしっかりと実践していく覚悟があるのであれば、確実に結果が出るように導いていきますよ!」と、即答しました。

従業員エンゲージメントを向上させる取り組みとは、言葉を変えれば組織改善であり、組織開発です

そのためにまず私がやることが、クレド経営の導入です。

従業員エンゲージメントに課題があると感じているのなら

今までも繰り返し言ってきたことですが、クレド経営はあくまでも手段であり目的ではありません。ですので、クレドという手段をかならず使う必要はないのですが、それでも現在の組織で従業員エンゲージメントに課題があるという自覚があるのなら、クレドを使うのが最も効果的であると私は考えています。

組織改善に悩む経営者にとっては、クレド経営こそが、従業員エンゲージメント向上の秘策なのです。

それは、なせか?
クレドづくりプロセスの初期段階でそのことが理解できると思います。

従業員エンゲージメントは、一朝一夕でどうにかなるものではありませんが、正しい手法で取り組むことで、確実に向上していく実感は得られます。

もちろん、注意点がないわけではありません。そのことについても、セミナー動画内で詳しく解説しましたので、チェックしてみてください。

まずは、以下のご案内ページから、無料でヒントを得てください。